カードローンのデメリットって何?

カードローンのデメリットは、便利でメリットが多い分使い方を誤ればデメリットであるという事が多いです。急な出費でお金が必要になった時に引き出せるという点ではメリットでした。しかし、ATMでいつでも気軽に引き出せてしまうために、計画性が無いと借入額が膨らんでいくという悪影響もあります。

 

気軽に引き出せるだけに、借りているという感覚がマヒしてしまう方もいるので要注意です。そして、当然の事ですが借りたお金は期限内に返済する事が大前提です。返す当てもないままに借り入れをすると返済に追われて、他社からの借り入れを繰り返してしまうという悪循環に陥りますので注意が必要です。

 

また、カードローンは金利が低く設定されていますが、返済が遅れれば遅延金が発生します。また、1日遅れてしまっただけでも新規のカードローンは申し込めなくなるなど、信用情報に影響します。カードローンの便利さとデメリットは、隣り合わせに存在していると言っても良いです。

 

ちょっとした計画性の無さや、無駄遣いによって借入額も増えていく可能性を持っているという事を認識しておきましょう。そして、できれば借り入れは一時的な利用に留めておくことをお勧めします。
金利面で安心のパートカードローン