カードローンに備わる返済機能

カードローンサービスにご利用対象を絞られた方は、リボルビング機能に気が付くはずです。リボルビング払いには、月々の返済を分割する役割があります。よって、分割払いの一種と考えられるでしょう。

 

各カードローンサービスに備え付けられている、リボルビング機能の名称は異なるはずです。たとえば、元金定額あるいは元利定額といった言葉が、リボルビング機能の前に置かれるはずです。

 

この2つでは、結果がどの様に違うのでしょうか。それを確かめる前にまずは、借金の構成を知る必要があります。基本的に、借金は元本と利息に分かれます。そして、元本と利息にどの様に返済金を割り当てるかで、返済方法が異なるのです。

 

元金定額方式の場合には、元本に回す返済金額が、一定になるところがポイントです。一方利息に回す金額は一定ではないため、毎回の返済金額も一定とはなりません。元利定額方式の場合には、利息に回す返済金額が一定です。よって、返済の流れを知るのに役立つ機能と考えられます。

 

借入残高が少額であれば、2つの機能ではそれ程結果に違いが生まれません。しかし、その金額が高額になれば、結果に開きが見られるでしょう。完済時の負担のことを考えれば、元金定額方式を採用するカードローンサービスを検討したいところです。
収入の無い専業主婦カードローンは返済を第一に考えましょう。